アボカドの育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

アボカドの育て方

アボカドの育て方

アボカドの育て方はとても簡単です。

食べものとして買ってきたアボカドの種を植えるだけで芽が出てくるので、種を手に入れるのが簡単だという所も嬉しいですね。

アボカドの育て方を勉強して、観葉植物として楽しんでみましょう。

アボカドは熱帯の植物なので、買ってきた後で冷蔵庫に入れると、種から芽が出なくなってしまいます。

これはアボカドの育て方でも基本中の基本なので、忘れないようにして下さい。

手ごろなサイズの鉢を用意して、そこにアボカドの種を植えます。

この時とがった方を上にして、種の頭が少し土から出るようにして下さい。

土は園芸用で売っている土をそのまま利用すれば大丈夫です。

鉢にアボカドの種を植えた状態で、毎日水をあげてください。

この状態が一ヶ月ほど続くと、種が半分に割れます。

ここから芽が出てくるのでさらに待つようにしましょう。

ちなみに種から芽が出るまでは一ヶ月もかかりますが、一度芽が出てしまえばぐんぐん成長していきます。

気づいた時には青々とした葉っぱが付いていることでしょう。

ただ水だけ与えていれば、観葉植物として申し分無いサイズに育つはずです。

種が大きいから、栄養も沢山含まれているのかもしれませんね。

ちなみにアボカドは熱帯の植物なので、日本では実をつけることがありません。

こればかりは、アボカドの育て方を勉強してもどうしようも無い事なので、観葉植物と割り切って育てるようにしましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138128973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。