クリスマスローズの育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

クリスマスローズの育て方

クリスマスローズの育て方
クリスマスの時期に白いバラのような花が咲く、クリスマスローズの育て方をご紹介します。

クリスマスローズは9月から10月くらいに、種子の殻が割れる前に播種します。

これより後に播種をすると、殻が割れて根が生えてしまいます。

そうすると種をまく時に根に傷が付いてしまい、病原菌が侵入する原因になってしまうので注意して下さい。

これはクリスマスローズの育て方でも一番重要なことです。

12pのポットに種まき用の土を入れて、水をまいて種子を植えていきます。

クリスマスローズの種子が発芽するまではとても時間がかかり、数ヶ月以上かかることもあるので注意して下さい。

ここまでの作業が面倒なら、苗を買ってきて植えた方が良いかもしれません。

クリスマスローズは寒さに強く、日本の気候でも十分に育てていくことができます。

しかし高温多湿の環境には弱いので、覚えておいてください。

日当たりの良い所よりも、直射日光が当たらない明るい場所に置くようにして下さい。

強い直射日光を浴び続けると、暑さのせいで生育が衰えてしまうことがあるからです。
乾燥には強いので、乾いたかなと思えるまで待ってから、たっぷりと水を与えるようにしましょう。


肥料は9〜4月の活動期にのみ与えて下さい。

クリスマスローズの育て方で一番むずかしいのは発芽の部分です。

ここを省いてしまえば簡単に育てることができるので、初心者は苗から育てた方が良いでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139231670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。