ソラマメの育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

ソラマメの育て方

ソラマメの育て方


ソラマメの育て方をご紹介します。

ソラマメを植え付ける前に、土の準備をして下さい。

植え付けの1〜2週間ほど前から苦土石灰で中和させておき、その後堆肥と元肥をたっぷり入れて耕すようにして下さい。

種を植え付ける時は、それぞれの種の間隔は30〜40pほど空けて、2粒ずつ3pほどの深さに植えるようにしましょう。

種をまく時期は秋で、10月上旬から下旬が適しています。


ただし北海道などの寒冷地では、冬を越すのはむずかしいので、春にまいて低温にあてるようにしましょう。

発芽して本場が2〜3枚になったら、生育の悪い方を間引きします。

12月は越冬させるためにワラを敷くようにすると効果的です。

春になったら実をつけるための準備が始まるので、株元の芽は元気なものを残して詰んで下さい。

この時に肥料を与えておくと、大きなサヤになってくれます。

あとはサヤが膨らんで下向きになれば収穫することができます。

ソラマメの育て方で気をつけなければいけないポイントは以上です。

大まかではありますが、この流れを追いかけていれば、ソラマメの育て方で困ることはほとんど無いと思います。

ちなみに一度植えたらその場所には5年ほどマメ科の植物は植えられなくなるので、この点も忘れずに。

ソラマメ NEW【お徳用】一寸そら豆(673)

ソラマメ NEW【お徳用】一寸そら豆(673)

価格:315円(税込、送料別)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。