バジルの育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

バジルの育て方

バジル 育て方
ハーブの代名詞として有名なバジルですが、観葉植物としても有名です。イタリア料理では欠かせないものとしても知られていますが、実は種から簡単に育てることができるのはご存じでしょうか。バジルの育て方はそんなにむずかしいものではないので、自家製バジルを料理に活用している人は沢山います。正しいバジルの育て方を覚えて、ぜひ料理に活用してみて下さい。バジルは暑さに強く、乾燥に弱い植物です。4〜6月の梅雨に入ったくらいの時期に種をまくようにしましょう。乾燥しづらく粘りのある土を用意して種をまくのですが、この時土をかけてはいけません。バジルは発芽するためにも日の光が必要なのです。日当たりの良い場所に種をまくのがベストです。夏に入ると土が乾燥しやすくなるので、水やりに注意して下さい。追肥は液体肥料を1週間に1回くらいの頻度で与えます。もしも肥料を切らしてしまうと、葉っぱが落ちていきますので、くれぐれも気をつけて下さい。15pくらいまで成長したら、切り戻してわき芽を伸ばすようにします。葉が重ならないようにして、余計なものは抜いてしまいましょう。20pほどに育ったら収穫できるようになります。時期としては7〜10月くらいですね。バジルの育て方は実はこんなにシンプルなものです。シンプルだけど見落としがちな部分もあるので、しっかり面倒を見てあげるようにして下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149478919
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。