ハマボウの育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

ハマボウの育て方

ハマボウ 育て方
日本原産であるハイビスカスのハマボウの育て方を紹介します。

ハマボウは春先に植え付けるようにしましょう。

その時に注意しなければいけないのは、できるだけ日当たりが良い所に植え付けるということです。

これはハマボウの育て方の中でも重要なことなので、忘れないようにして下さい。

ハマボウは元々河口などの湿地に生える植物です。

乾燥には弱いので、水を与える時は注意して下さい。

しかし水を与えすぎると、それはそれで悪影響が出てしまいます。

気持ち多めに与えるくらいがちょうど良いですね。

肥料は植え付ける時に堆肥を与えておけば大丈夫です。

特に与えなくても育ちますが、肥料があれば大きく育ってくれます。形は自然に整っていくので、特に剪定の必要はありません。

一度軌道に乗れば、あまり手がかからないというのは、ハマボウの育てやすい所です。

害虫はハマキムシなどがあるので、時々チェックしてあげるようにして下さい。

ハマボウの育て方は、水にさえ注意してやれば特に困ることは無いでしょう。

ただし落葉樹なので、葉っぱが落ちることに驚くかもしれませんが、特に問題はありません。

育てる前にどういう植物なのか前もって育てておけば、困ることは無いと思うので頑張って下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149994703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。