ビオラの育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

ビオラの育て方

ビオラの育て方

ビオラの育て方は簡単ですが、それでも重要なポイントはいくつかあります。

その部分を忘れてしまうと、ひょろひょろとした茎が伸びるだけという、悲惨な状態になってしまうこともあるのです。

ビオラは冬から春にかけて花が咲く植物なので、まずは温度管理をしっかりしてあげる必要があります。

いくら寒さに強いと言っても、地域によってはビオラが育てないような温度になってしまうこともあります。

冬の時期ではありますが、温室を利用して15〜20℃くらいを保つようにして下さい。

地域によっては冬が空けてからの発芽に期待することになる場合もありますが、環境を整えてあげれば何とかできるはずです。

ちなみにビオラはとても元気な植物で、根がものすごく広がるという性質もあります。

小さな鉢で狭い状況だと、根が詰まってしまって成長に影響が出てくる可能性もあります。

ビオラの育て方では、こういったポイントにも気をつけなければいけません。

花が咲いたら肥料を切らさないようにして、栄養失調を起こさないようにしてあげて下さい。

あとは水のやり方に注意して下さい。

ただ与えれば良いのではなく、必要な時に必要なだけ水を与えるのが、ビオラの育て方での重要ポイントです。

これらの点に注意してあげれば、とてもきれいなビオラの花を楽しむことができるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。