ブーゲンビリアの育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

ブーゲンビリアの育て方

ブーゲンビリアの育て方

南アメリカ原産のブーゲンビリアは、日本で育てるためにはいくつか注意しなければいけません。

ブーゲンビリアの育て方で注意すべきポイントをいくつか紹介しますので、参考にしてみて下さい。

ブーゲンビリアは大変日光を好むので、日照不足にならないようにして下さい。

日照不足になると花が落ちてしまうことがあるので、ブーゲンビリアの育て方ではもっとも注意しなければいけない点です。

ブーゲンビリアは乾燥に強いので、水やりはそう頻繁にやらなくても大丈夫です。

土が乾いたら水をたっぷり与えるというくらいで、回数は少なめにして下さい。

いつも土が湿っていると、そのまま弱ってしまうことがあります。

生育期の4〜10月に置肥を2ヶ月おきに与えると、元気に育ってくれます。

液肥の場合は、水やりと一緒に一週間に一度くらいの頻度で大丈夫です。

11月中旬頃に入ったら、室内で越冬させます。

できるだけ日光が当たる場所に置いて、水やりは月に3〜4回程度におさえて下さい。

植え替えは1〜2年に1回、3〜5月にかけて行います。

ブーゲンビリアの育て方で気をつけなければいけないことは以上です。

基本的にこれらのことを覚えておけば、そう簡単に枯らすことは無いはずです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。