ブロッコリーの育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

ブロッコリーの育て方

ブロッコリーの育て方

家庭で簡単に作れる、ブロッコリーの育て方についてご紹介します。

ブロッコリーは寒さに強く、18〜20℃前後の環境でよく生育します。

種から育てようという場合は、7月〜8月に種をまくと良いでしょう。

真夏の環境では、乾燥と高音でくたびれないように注意して下さい。

ブロッコリーの育て方で一番大事なのは、酸性の土壌はNGということです。

最初はポリポットで育てて、本場が4〜5枚くらいになったら移し替えるようにして下さい。

その後3週間ほど経ったら、今度は追肥をはじめます。

1週間に1度くらいの割合で、液体肥料を与えるようにすれば十分です。

大きくなってきたら不安定になることがあるので、そういった時は土寄せをして安定させるようにして下さい。

種まきから3ヶ月ほど経った頃が収穫時です。

花蕾が10pくらいになったら収穫の合図です。害虫として青虫や蛾の幼虫が発生することがあるので、葉を食べられないうちに駆除するようにして下さい。

ブロッコリーの育て方で注意するべきポイントは他にもありますが、とりあえずこれらが守られていれば、しっかりと育ってくれます。

やり方さえ間違わなければ、美味しいブロッコリーに育ってくれるので、収穫が待ち遠しいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154520379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。