ポインセチアの育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

ポインセチアの育て方

ポインセチア 育て方

クリスマスを飾る植物として有名なポインセチアですが、ポインセチアの育て方はけっこうむずかしいものです。

はじめて育てた人はよく失敗してしまうこともあるので、しっかりとしたポインセチアの育て方を覚えて下さい。

ポインセチアはクリスマスの象徴として使われていることから、寒さに強い植物として見られがちです。

しかし実際には寒さには弱いという性質を持っている花なのです。

さらにポインセチアは短日植物なので、日の当たる時間が12時間以上無いと花が咲かないという性質も持っているのです。

時期によっては日照時間が短くなってしまうこともあるので、秋以降は光の当たる時間を調節してあげる作業が必要になります。

日の光を好むポインセチアの育て方で一番間違いやすいのが、明かりの下に置いておけば大丈夫という思いこみです。

夜の人工照明はもっての他です。

9月下旬から40日間は、毎日17時〜朝の8時まで、箱で覆うなどして光をさえぎるようにして下さい。

この作業を短日処理といい、ポインセチアの育て方の中でももっとも重要な作業です。

ちなみにこの40日間というのは、あくまでも目安となる日数です。

そんなに手間にならないのなら、葉の色が完全に色づくまで続けるようにして下さい。

きれいな色をしたポインセチアを育てるためには、最低限こういった作業をしなければいけません。

手間がかかりますが、その分きれいに完成した時の喜びもとても大きなものになります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。