ほうれん草の育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

ほうれん草の育て方

ほうれん草の育て方
自宅でほうれん草を作って食べるために、ほうれん草の育て方を知っておきましょう。

ほうれん草はお店で買うものというのが一般的ですが、しっかり育ててあげれば自宅でも簡単に作ることができます。

ほうれん草は8月〜11月下旬に種をまきます。

発芽適温は15〜20℃くらいなので、この範囲に収まる時期にして下さい。

ほうれん草の育て方では、土に注意しなければいけません。

ほうれん草は酸性土にもっとも弱い野菜なので、石灰をまいて土壌を中和するようにして下さい。

種をまく時は前日に種を一晩水に浸けておいて下さい。

種のまき方はばらまくやり方でも構いません。

発芽したら適度に間引きして、10p間隔になるようにしましょう。

肥料は2週間に一度くらい追肥してあげれば大丈夫です。

害虫に関してはそんなに神経質になる必要はありませんが、時々チェックしてアブラムシやネキリムシに注意して下さい。

あとは葉の数が6〜8枚くらいになれば収穫できるようになります。


ほうれん草の育て方で一番重要なのは土壌を中和するということです。

これをしなければほうれん草は育ってくれません。

それ以外の部分では追肥や水まき以外は特に手間がかかるというものはありません。

自分で収穫したほうれん草の味は格別です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。