ラベンダーの育て方 上手に育てるコツを紹介しています!

ラベンダーの育て方

ラベンダーの育て方

アロマセラピーなどで有名なラベンダーの育て方を、みなさんはご存じでしょうか。

ラベンダーは苗から育てるなら誰でも簡単にできますが、種から育てるのはとてもむずかしい植物です。

しかしむずかしい分、成功した時の喜びもとても大きなものになります。

ラベンダーの育て方をしっかりと勉強してみましょう。

ラベンダーは日本に高温多湿な環境に弱い植物です。

庭に植える場合は、風通しと日当たりが良い場所を選ぶようにして下さい。

傾斜のある場所なら、水はけが良いので多湿になりにくいです。

こういった所から工夫していくのも、良いかもしれませんね。

ラベンダーは発芽まで時間のかかるものなので、ポリポットで発芽するのを待ってから植えた方が良いかもしれません。

春か秋にまくと良いでしょう。ラベンダーの育て方では、水のやりすぎに注意して下さい。

ラベンダーを枯らしてしまう一番の原因は、水のやりすぎによるものです。

土が乾いたあたりで水をあげるようにすればちょうど良いですね。

ちなみに肥料はできるだけ与えないようにして下さい。

肥料によってラベンダーの生育が妨げられて、さらに香りを弱めてしまうことがあります。

ラベンダーは他の植物とはちょっと育て方がむずかしい植物です。

どうやって育てていけば良いのかチェックしながら、枯らさないように頑張りましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。