日記 上手に育てるコツを紹介しています!

胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭は年中見かけますが、決して一年中元気な花というわけではありません。

自宅で育てる時には、いくつかの注意点に気をつけて、しっかりと育てていくようにして下さい。

胡蝶蘭の育て方で最初に注意しなければいけないのは、熱帯の植物でありながら開花時期が冬だという点です。

この性質があるため、胡蝶蘭の育て方では温度管理に注意しなければいけません。

胡蝶蘭は11月から12月頃に花茎が伸び始めて、2月から3月頃に温室の中で開花します。

冬の時期は寒くなりますが、それでも10度以上を保てる環境に置くようにして下さい。

また胡蝶蘭の育て方として、直射日光に当ててはいけないという性質も忘れてはいけません。

植物は日の光を当てると元気になるものですが、胡蝶蘭の場合は遮光ネットを使って遮光してあげる必要があります。

遮光50から70%くらいのものを用意すれば良いでしょう。

水を与える時もほどほどの量を維持できるようにして下さい。あまり水を与えすぎると、根腐れを起こしてしまう可能性があります。

しかし水を控えすぎると今度は乾いてしまうので、適度な水量を維持できるように心がけて下さい。


胡蝶蘭の育て方はとてもデリケートで面倒なものです。

しかしそれを乗りこえることができたら、とても綺麗な花を咲かせてくれるのでやりがいがある植物でもあります。

月下美人の育て方

月下美人の育て方

月下美人の育て方は、サボテンに似ている特性を覚えていれば分かりやすいですね。

月下美人の形自体は、サボテンとは似ても似つかないものです。

しかし乾燥にとても強く、多年木で幹と葉の区別はありません。

ちなみに根が水に浸り続けると根腐れを起こしてしまいます。

この他にも冷気や寒さに弱く、霜を受けると葉は一滅してしまいます。

サボテンを育てたことがある人なら、月下美人の育て方はすぐに分かることでしょう。

ただし月下美人の育て方は、全てにおいてサボテンと同じで良いわけではありません。

植え替えをする時は、普通の植木用土で大丈夫です。肥料は過剰な量を避けて、ほどほどを心がけて下さい。

植え替えは2〜3年に1回のペースで、5〜6月頃が適切です。真夏の時期は避けるようにして下さい。

月下美人の花を沢山咲かせるためには、乾燥した状態が適しています。

実は本体が育ちやすい環境では、花が咲きづらいという特性があるので、覚えておいて下さい。

負担をかけすぎると本体が駄目になってしまうので、少し育ちにくくするくらいで大丈夫です。

月下美人は、咲いた花を見て楽しむのも良いですし、花を食べるという楽しみ方もあります。

沢山花を咲かせることができるように、頑張って下さい。

観葉植物の育て方

観葉植物の育て方

観葉植物の育て方と言っても、観葉植物にはさまざまな種類があります。

それぞれの観葉植物ごとに気をつけなければいけないポイントがあるので、自分がどういうものを育てていきたいのかによって、柔軟に対応できるようにしましょう。

観葉植物の育て方を調べる前に、どのような目的で何を育てるのかを決めなければいけません。

ただ何も考えずに観葉植物を育てたいと思っても、何を育てるのかが決まっていなければどうしようもありませんからね。

どこに置くのか、置きたい場所はどれくらいのスペースがあるのか、これだけでも選べる観葉植物の種類はかなり絞りこまれていきます。

リビングと浴室では湿度がまるで違いますし、窓辺と玄関とでは日の光の量が全然違います。

これを育てたいと思っていても、その場所に適している観葉植物でなければ、すぐに枯れてしまうこともあるのです。

観葉植物の育て方において、その場所に適した植物を選ぶということは基本中の基本です。

観葉植物の育て方では自分が住んでいる環境も大きな基準になります。冬の時期に氷点下までいく環境では、一年を通して育てていくことはできません。

しかし暖かい地方なら、室外で冬を乗りきることができる場合もあるのです。

これらの点に注意して観葉植物を選び、しっかりと育てられるように勉強していきましょう。

ローズマリーの育て方

ローズマリーの育て方
ローズマリーは繁殖力が強くて、丈夫で栽培しやすいという特徴があります。

しかしいくら育てやすいと言っても、ローズマリーの育て方を全く知らないまま育てていくと、失敗してしまうので気をつけてください。

ローズマリーは耐寒性があるので、0度くらいの温度なら死んでしまうことはありません。

寒冷地でなければ、ずっとベランダに出しっぱなしにしておいても大丈夫で、夏の直射日光にも耐えられる凄い植物です。

ロースマリーは乾燥を好む植物です。鉢植えならともかく、庭植えをしているなら、真夏以外は特に水をあげる必要はありません。

用土は水はけが良い土なら特にこれが良い、これが駄目というものは無いので、気軽に選んでも大丈夫です。

ここまで見ていると、ローズマリーの育て方は特に心配することは無いのではと思えますが、ローズマリーの生命力の強さがネックになります。

ローズマリーは1年から2年に1度は、植え替えをしてあげる必要があります。

ちなみに時期は真夏と真冬以外ならいつでも大丈夫です。

ローズマリーの育て方は、植物を育てたことが無い人でもすぐに覚えることができます。

ここまで手がかからないと肩すかしに感じるかもしれませんが、はじめて育てるならこれくらいが良いのではないでしょうか。

ラベンダーの育て方

ラベンダーの育て方

アロマセラピーなどで有名なラベンダーの育て方を、みなさんはご存じでしょうか。

ラベンダーは苗から育てるなら誰でも簡単にできますが、種から育てるのはとてもむずかしい植物です。

しかしむずかしい分、成功した時の喜びもとても大きなものになります。

ラベンダーの育て方をしっかりと勉強してみましょう。

ラベンダーは日本に高温多湿な環境に弱い植物です。

庭に植える場合は、風通しと日当たりが良い場所を選ぶようにして下さい。

傾斜のある場所なら、水はけが良いので多湿になりにくいです。

こういった所から工夫していくのも、良いかもしれませんね。

ラベンダーは発芽まで時間のかかるものなので、ポリポットで発芽するのを待ってから植えた方が良いかもしれません。

春か秋にまくと良いでしょう。ラベンダーの育て方では、水のやりすぎに注意して下さい。

ラベンダーを枯らしてしまう一番の原因は、水のやりすぎによるものです。

土が乾いたあたりで水をあげるようにすればちょうど良いですね。

ちなみに肥料はできるだけ与えないようにして下さい。

肥料によってラベンダーの生育が妨げられて、さらに香りを弱めてしまうことがあります。

ラベンダーは他の植物とはちょっと育て方がむずかしい植物です。

どうやって育てていけば良いのかチェックしながら、枯らさないように頑張りましょう。

モンステラの育て方

モンステラの育て方

切れ込んだ葉の形がユニークなモンステラを、自宅で育ててみましょう。

モンステラの育て方でまず注意しなければいけないのは、モンステラは日陰で育てる植物だということです。

耐陰性があるので明るい日陰で育てることができますが、強い直射日光には弱いという性質があります。

また気温は最低でも10度以上の環境が必要になるので、冬になると寒い地域には向いていない植物です。

温室などを利用して温度を維持できるなら大丈夫ですが、そうではない場合は春から夏にかけての時期に楽しむ植物になります。

5〜10月にかけては表面が乾いたら水をあげるくらいで大丈夫です。

あげる時はたっぷりとあげて下さい。

気温が20度以下になってくると水を吸わなくなってくるので、そうなったら水の量を少しずつ減らしていきましょう。

モンステラの育て方では水分調整が大事です。

高温多湿の環境を好むので、霧吹きで湿度を与えるように育てて下さい。

2年に1回ほどのペースで植え替えをします。5〜6月くらいの時期に行うのが理想的ですね。

その時に腐った根が見つかったら、しっかり取りのぞいてあげましょう。蔓が伸びすぎて樹形が乱れてしまったら、余分な部分を切り戻すことも必要です。

モンステラの育て方は、そうむずかしいものではありません。

観葉植物の中では中程度の難易度なので、育て方がわかっていれば失敗することは無いでしょう。

ポトスの育て方

ポトスの育て方

ポトスは比較的簡単に育てられるものです。

しかしポトスの育て方を勉強しておかないと、すぐに枯らしてしまうことがあるので注意して下さい。

ポトスの育て方が簡単だと言っても安心してはいけません。

ポトスは観葉植物の中でも強く育てやすい種類です。

他の植物だと大ダメージになってしまうようなあつかいをしても、意外と元気に育ってくれるものです。

ポトスは半日陰を好む植物なので、室内で育てることができます。

夏の直射日光を浴び続けていると、葉焼けを起こしてしまうので気をつけて下さい。

冬でも室温を10℃以上に保っていれば大丈夫なので、季節を選ばない観葉植物の一つですね。

越冬をする時は水を控え目にして、少し乾燥させる位にしてあげて下さい。

2年に1回くらいの頻度で植え替えをしてあげるようにしましょう。

5〜6月が植え替えに適している時期です。

水やりは神経質にする必要はありません。土が乾きかけたあたりで、たっぷりと与えてあげれば大丈夫です。

ただし水を過剰にあげすぎると、根腐れを起こしてしまうかもしれないので、水の量は注意して下さい。

ポトスの育て方で気をつけなければいけないことは以上です。

そんなに気を使う必要はありませんが、過信しないようにして下さい。

それさえ守っていれば、誰でも簡単に育てることができるのです。

ほうれん草の育て方

ほうれん草の育て方
自宅でほうれん草を作って食べるために、ほうれん草の育て方を知っておきましょう。

ほうれん草はお店で買うものというのが一般的ですが、しっかり育ててあげれば自宅でも簡単に作ることができます。

ほうれん草は8月〜11月下旬に種をまきます。

発芽適温は15〜20℃くらいなので、この範囲に収まる時期にして下さい。

ほうれん草の育て方では、土に注意しなければいけません。

ほうれん草は酸性土にもっとも弱い野菜なので、石灰をまいて土壌を中和するようにして下さい。

種をまく時は前日に種を一晩水に浸けておいて下さい。

種のまき方はばらまくやり方でも構いません。

発芽したら適度に間引きして、10p間隔になるようにしましょう。

肥料は2週間に一度くらい追肥してあげれば大丈夫です。

害虫に関してはそんなに神経質になる必要はありませんが、時々チェックしてアブラムシやネキリムシに注意して下さい。

あとは葉の数が6〜8枚くらいになれば収穫できるようになります。


ほうれん草の育て方で一番重要なのは土壌を中和するということです。

これをしなければほうれん草は育ってくれません。

それ以外の部分では追肥や水まき以外は特に手間がかかるというものはありません。

自分で収穫したほうれん草の味は格別です。

ポインセチアの育て方

ポインセチア 育て方

クリスマスを飾る植物として有名なポインセチアですが、ポインセチアの育て方はけっこうむずかしいものです。

はじめて育てた人はよく失敗してしまうこともあるので、しっかりとしたポインセチアの育て方を覚えて下さい。

ポインセチアはクリスマスの象徴として使われていることから、寒さに強い植物として見られがちです。

しかし実際には寒さには弱いという性質を持っている花なのです。

さらにポインセチアは短日植物なので、日の当たる時間が12時間以上無いと花が咲かないという性質も持っているのです。

時期によっては日照時間が短くなってしまうこともあるので、秋以降は光の当たる時間を調節してあげる作業が必要になります。

日の光を好むポインセチアの育て方で一番間違いやすいのが、明かりの下に置いておけば大丈夫という思いこみです。

夜の人工照明はもっての他です。

9月下旬から40日間は、毎日17時〜朝の8時まで、箱で覆うなどして光をさえぎるようにして下さい。

この作業を短日処理といい、ポインセチアの育て方の中でももっとも重要な作業です。

ちなみにこの40日間というのは、あくまでも目安となる日数です。

そんなに手間にならないのなら、葉の色が完全に色づくまで続けるようにして下さい。

きれいな色をしたポインセチアを育てるためには、最低限こういった作業をしなければいけません。

手間がかかりますが、その分きれいに完成した時の喜びもとても大きなものになります。

ブロッコリーの育て方

ブロッコリーの育て方

家庭で簡単に作れる、ブロッコリーの育て方についてご紹介します。

ブロッコリーは寒さに強く、18〜20℃前後の環境でよく生育します。

種から育てようという場合は、7月〜8月に種をまくと良いでしょう。

真夏の環境では、乾燥と高音でくたびれないように注意して下さい。

ブロッコリーの育て方で一番大事なのは、酸性の土壌はNGということです。

最初はポリポットで育てて、本場が4〜5枚くらいになったら移し替えるようにして下さい。

その後3週間ほど経ったら、今度は追肥をはじめます。

1週間に1度くらいの割合で、液体肥料を与えるようにすれば十分です。

大きくなってきたら不安定になることがあるので、そういった時は土寄せをして安定させるようにして下さい。

種まきから3ヶ月ほど経った頃が収穫時です。

花蕾が10pくらいになったら収穫の合図です。害虫として青虫や蛾の幼虫が発生することがあるので、葉を食べられないうちに駆除するようにして下さい。

ブロッコリーの育て方で注意するべきポイントは他にもありますが、とりあえずこれらが守られていれば、しっかりと育ってくれます。

やり方さえ間違わなければ、美味しいブロッコリーに育ってくれるので、収穫が待ち遠しいですね。

ブルーベリーの育て方

ブルーベリーの育て方
家庭でブルーベリーを育てる時にはいくつかのポイントがあります。

これらを知らずに育てようとすると、まず間違いなく失敗してしまうので覚えておきましょう。


ブルーベリーの育て方で一番重要なのは、酸性の用土を用意するという点です。


この土選びの時点で間違えてしまうと、この先どれだけ頑張っても上手くいくことはありません。

それだけ重要なポイントなので、絶対に忘れないようにして下
さい。

水を十分に与えることも、ブルーベリーの育て方では重要です。植物によっては
最低限の水でも育ってくれますが、ブルーベリーの場合は水を絶やさず与えるこ
とが必要です。

ブルーベリーは乾燥に弱いので、これも絶対に欠かさないように
して下さい。

元気に育てるためには日当たりの良い所に置くことが一番ですが、それが原因ですぐに乾燥してしまいます。

だから美味しいブルーベリーを育てるためには、日当たりとそれに負けないだけの水やりが必要になります。

最後に果実を大きくするために必要なことですが、剪定をしっかりやるようにして下さい。

これは果実を大きくするだけではなく、病害虫に強くなるというメリ
ットもあり、ブルーベリーの育て方として有効な方法です。


ただ育てるだけでなく、美味しい果実が収穫できるブルーベリーを育てるためには、2種類以上の品種を接近して育てる場合があります。

場合によっては人工授粉の必要があることも覚えておきましょう。

ブーゲンビリアの育て方

ブーゲンビリアの育て方

南アメリカ原産のブーゲンビリアは、日本で育てるためにはいくつか注意しなければいけません。

ブーゲンビリアの育て方で注意すべきポイントをいくつか紹介しますので、参考にしてみて下さい。

ブーゲンビリアは大変日光を好むので、日照不足にならないようにして下さい。

日照不足になると花が落ちてしまうことがあるので、ブーゲンビリアの育て方ではもっとも注意しなければいけない点です。

ブーゲンビリアは乾燥に強いので、水やりはそう頻繁にやらなくても大丈夫です。

土が乾いたら水をたっぷり与えるというくらいで、回数は少なめにして下さい。

いつも土が湿っていると、そのまま弱ってしまうことがあります。

生育期の4〜10月に置肥を2ヶ月おきに与えると、元気に育ってくれます。

液肥の場合は、水やりと一緒に一週間に一度くらいの頻度で大丈夫です。

11月中旬頃に入ったら、室内で越冬させます。

できるだけ日光が当たる場所に置いて、水やりは月に3〜4回程度におさえて下さい。

植え替えは1〜2年に1回、3〜5月にかけて行います。

ブーゲンビリアの育て方で気をつけなければいけないことは以上です。

基本的にこれらのことを覚えておけば、そう簡単に枯らすことは無いはずです。

ビオラの育て方

ビオラの育て方

ビオラの育て方は簡単ですが、それでも重要なポイントはいくつかあります。

その部分を忘れてしまうと、ひょろひょろとした茎が伸びるだけという、悲惨な状態になってしまうこともあるのです。

ビオラは冬から春にかけて花が咲く植物なので、まずは温度管理をしっかりしてあげる必要があります。

いくら寒さに強いと言っても、地域によってはビオラが育てないような温度になってしまうこともあります。

冬の時期ではありますが、温室を利用して15〜20℃くらいを保つようにして下さい。

地域によっては冬が空けてからの発芽に期待することになる場合もありますが、環境を整えてあげれば何とかできるはずです。

ちなみにビオラはとても元気な植物で、根がものすごく広がるという性質もあります。

小さな鉢で狭い状況だと、根が詰まってしまって成長に影響が出てくる可能性もあります。

ビオラの育て方では、こういったポイントにも気をつけなければいけません。

花が咲いたら肥料を切らさないようにして、栄養失調を起こさないようにしてあげて下さい。

あとは水のやり方に注意して下さい。

ただ与えれば良いのではなく、必要な時に必要なだけ水を与えるのが、ビオラの育て方での重要ポイントです。

これらの点に注意してあげれば、とてもきれいなビオラの花を楽しむことができるでしょう。

パンジーの育て方

パンジー 育て方

パンジーは植物の中でも育てやすい部類に入ります。だからといって適当に育てて良いというわけではありません。

植物を育てるということは、いくら簡単でも手を抜いて良いというわけではないのです。

パンジーの育て方をしっかり勉強して、綺麗な花を咲かせることができるようになりましょう。

パンジーの育て方でまず重要なのは、パンジーは光が当たらないと発芽しないという点です。

土の中に埋めて水を与えていれば芽が出て育つのではなく、土の上に種を置いておくと目が出てくる好光性の種ということを覚えておいて下さい。

もちろん日当たりが良い所に置いておくことも必要です。

これができていないと、いつまでたっても目を出してくれないのです。

水をやる時は、土の表面が乾いたらたっぷりあげるようにしてください。

ただし冬場は夜間に水を与えすぎると、そのまま凍りついてしまう可能性があるので、できれば午前中にあげるようにするのが好ましいですね。

ちなみにパンジーは土が凍っても枯れることはありませんが、水を吸うことができずにしなびた状態になってしまいます。

パンジーは絶え間なく花が咲き続ける植物なので、できるだけスタミナ切れをしないように気をつける必要があります。

パンジーの育て方はとても簡単なものですが、最低限これらのポイントだけは忘れないようにして下さい。

ハマボウの育て方

ハマボウ 育て方
日本原産であるハイビスカスのハマボウの育て方を紹介します。

ハマボウは春先に植え付けるようにしましょう。

その時に注意しなければいけないのは、できるだけ日当たりが良い所に植え付けるということです。

これはハマボウの育て方の中でも重要なことなので、忘れないようにして下さい。

ハマボウは元々河口などの湿地に生える植物です。

乾燥には弱いので、水を与える時は注意して下さい。

しかし水を与えすぎると、それはそれで悪影響が出てしまいます。

気持ち多めに与えるくらいがちょうど良いですね。

肥料は植え付ける時に堆肥を与えておけば大丈夫です。

特に与えなくても育ちますが、肥料があれば大きく育ってくれます。形は自然に整っていくので、特に剪定の必要はありません。

一度軌道に乗れば、あまり手がかからないというのは、ハマボウの育てやすい所です。

害虫はハマキムシなどがあるので、時々チェックしてあげるようにして下さい。

ハマボウの育て方は、水にさえ注意してやれば特に困ることは無いでしょう。

ただし落葉樹なので、葉っぱが落ちることに驚くかもしれませんが、特に問題はありません。

育てる前にどういう植物なのか前もって育てておけば、困ることは無いと思うので頑張って下さい。

バジルの育て方

バジル 育て方
ハーブの代名詞として有名なバジルですが、観葉植物としても有名です。イタリア料理では欠かせないものとしても知られていますが、実は種から簡単に育てることができるのはご存じでしょうか。バジルの育て方はそんなにむずかしいものではないので、自家製バジルを料理に活用している人は沢山います。正しいバジルの育て方を覚えて、ぜひ料理に活用してみて下さい。バジルは暑さに強く、乾燥に弱い植物です。4〜6月の梅雨に入ったくらいの時期に種をまくようにしましょう。乾燥しづらく粘りのある土を用意して種をまくのですが、この時土をかけてはいけません。バジルは発芽するためにも日の光が必要なのです。日当たりの良い場所に種をまくのがベストです。夏に入ると土が乾燥しやすくなるので、水やりに注意して下さい。追肥は液体肥料を1週間に1回くらいの頻度で与えます。もしも肥料を切らしてしまうと、葉っぱが落ちていきますので、くれぐれも気をつけて下さい。15pくらいまで成長したら、切り戻してわき芽を伸ばすようにします。葉が重ならないようにして、余計なものは抜いてしまいましょう。20pほどに育ったら収穫できるようになります。時期としては7〜10月くらいですね。バジルの育て方は実はこんなにシンプルなものです。シンプルだけど見落としがちな部分もあるので、しっかり面倒を見てあげるようにして下さい。

パキラの育て方

パキラ 育て方
パキラの育て方は簡単ですが、ほうっておくと枝葉がどんどん伸びていって大変なことになってしまいます。そうならないためにも、しっかりとしたパキラの育て方を覚えるようにしましょう。パキラは耐陰性がありますが、日なたを好むという植物です。元気に育てていくのなら、十分に日光が当たる場所に置くようにして下さい。日光が不足していると、枝が不必要に伸びてしまい、葉が薄くなってしまいます。そうすると見かけが貧弱になってしまい、何とも言えない感じのパキラになってしまいます。日光にしっかり当ててあげると、元気に成長しますが引き締まった感じになってくれるので、できるだけ日光に当てるようにして下さい。ポイントさえおさえておけばパキラの育て方はとても簡単ですが、成長が早いので枯れていくのも早いという性質も持っています。水やりに関しては、少し乾燥ぎみにするのが良いようです。これは年間通して変わることはなく、表面が白く乾いた頃に水を与えると良いでしょう。例外として生育期はよく水を吸うようになるので、この時期だけはしっかりと水をやるようにして下さい。特に病気にかかることもないので、パキラの育て方はとてもシンプルで簡単です。しかし簡単だからと言っても、誰でも綺麗に育てられるわけではないのです。

ハイビスカスの育て方

ハイビスカスの育て方
見ているだけで南国の気持ちが味わえるハイビスカスの花を育ててみましょう。ハイビスカスの育て方はむずかしいように思えますが、実際にやってみるととても簡単な植物の一つです。しかし気をつけなければいけない点はいくつかあるので、そこをしっかりおさえておくようにして下さい。ハイビスカスの育て方で注意しなければいけないのは、温度管理です。基本的に15から25℃がハイビスカスの生育適温となっているので、なるべくこの範囲を維持できるようにして下さい。あまり低すぎるとそのまま生育が止まってしまうこともあるので、寒い地方に住んでいる人は特に注意するようにして下さい。南国の花だから暑いほうが良いというのも思いこみです。あまり暑すぎると、花が咲かなくなってしまうこともあるので注意して下さい。ハイビスカスの育て方では、植え替えが一つのポイントになっています。ハイビスカスは根の伸びるスピードがとても早く、そのままにしておくとすぐに根詰まりを起こしてしまいます。成長していくにつれて、余裕のある鉢に植え替えていくと良いでしょう。最初から大きな鉢にするという選択肢もありますが、育ちきるまでなんだかみすぼらしい感じがするのがマイナスです。あとは水をやりすぎないということや、花が咲き終わった後の摘み取りに気をつけていれば、ハイビスカスの育て方は大丈夫でしょう。意外と簡単なので、誰でも簡単に育てることができるのが良いですね。

アスパラガスの育て方

アスパラガス 育て方
自宅で育てたアスパラガスが食べられるというのは、ちょっと憧れてしまいますね。しかしアスパラガスは植え付けてから3年目に入って、ようやく食べられるという手のかかる植物です。しかし一度収穫できるようになれば、10年くらいは収穫できるようになるという特徴もあります。気長に育てる必要はありますが、アスパラガスの育て方を覚えてみましょう。ちなみに食用と観賞用のアスパラガスはまったく別ものなので、注意して下さい。観賞用はいつまで経っても収穫することができませんからね。アスパラガスは極端な寒冷地や熱帯地方でなければ、どこでも育てることができます。砂質壌土が理想的ですが、過度の粘度地でなければ大丈夫です。2ヶ月に1回くらいの頻度で肥料を与え、途中で枯らすことなく3年目を迎えることができたら、ようやく収穫することができるようになります。ここまで到達することが、アスパラガスの育て方での第一の目標です。収穫する時は、あえて数本残しておくようにして下さい。その後毎年春になると収穫できるようになります。アスパラガスの育て方は気の長い話ですが、取れたてのアスパラガスを食べたら、それまでの努力が報われた気がして、喜びも他の植物より大きなものになります。観賞用も良いですが、やはり食用の方がやりがいがありますね。

ハーブの育て方

ハーブの育て方
ハーブの育て方は、それぞれの種類に合わせてしっかり勉強するようにしましょう。一口にハーブと言ってもさまざまな種類があり、それぞれのハーブの育て方もさまざまです。癒し効果があるハーブなのに、育て方を間違えて失敗してしまっては、癒しどころか心が落ち込んでしまいます。正しいハーブの育て方を覚えて、確実に育てられるようにして下さい。ハーブは庭やベランダでも簡単に育てることができます。大きくなったハーブをどうするかはその人次第ですが、手間暇かけて自分で育てたハーブだと、なんだか効果が高いものに思えてきます。ハーブの種類によっては1年で種をつける短命なものから、数年生き続けるものまでさまざまなタイプがあります。寿命が長いものはハーブとして使うよりも、観葉植物としてずっと育てていくのも、良いかもしれませんね。それぞれの種類によって育て方に違いはありますが、基本的には日当たりが良い場所に置いて、適度に水をあげれば育てていくことはできます。しかし何事にも例外はあるので、何を育てたいのか、そのためには何が必要なのかを把握しておきましょう。収穫したハーブはハーブティーの材料にするのも良いですし、料理に使うというのも良いですね。使う量がそんなに多くないのなら、家庭栽培で作るものだけで十分に間に合うことでしょう。

にんにくの育て方

にんにくの育て方

万能の薬味と言われているにんにくの育て方をご紹介します。

しっかり丁寧に作ってあげれば、お店で売っているものに負けないくらい美味しいにんにくを作れるようになるので、にんにくの育て方をぜひ勉強してみてください。

にんにくには大きく分けて2種類あり、寒冷地向きのものと温暖地向きのものがあります。

まずは自分が住んでいる地域の気候に合わせて、最適なにんにくを選ぶようにして下さい。

寒冷地向けは9〜10月、温暖地向けのは10〜11月に植えるようにしましょう。

15〜25℃が生育適温なので、覚えておいて下さい。

にんにくを植える時は、15pほどの感覚を空けるようにしましょう。

深さは4〜5pほどあれば十分です。涼しい地域の場合は、やや深めに植えるようにして下さい。

発芽後10pほどになるとわき芽が伸びてきます。これは早めに切除して、一本立ちで育つようにして下さい。

寒くなってくると芽の部分が枯れてしまいますが、春になれば再び出てくるのでそのままにしておきましょう。

ちなみに花が伸びてきたらこちらも切除します。

もったいないように思えますが、にんにくを大きく育てるためには必要なことです。


葉が黄色く変色したら収穫時です。

掘り上げて涼しい所で乾燥させてあげれば、にんにくの完成です。

にんにくの育て方はそんなにむずかしいものではありません。



さまざまな料理に使えるので、作っておいて損は無いと思いますよ。

チューリップの育て方

チューリップの育て方
チューリップの育て方はそんなにむずかしいものではありません。

しかしいくつか気をつけなければいけない点があるのも事実です。

これからチューリップを育てようと思っているなら、正しいチューリップの育て方を勉強しておくようにしましょう。

チューリップの育て方で最初に気をつけるのは、球根の植え方です。1つだけを植えるならそんなに気にする必要は無いかもしれませんが、基本的に複数の球根を植えると思います。

その時の注意点について説明します。



まず球根を植える時は、その球根の3倍の深さを一つの目安にして下さい。

これはチューリップ以外での球根でも同じことが言えます。

そして複数植える時には、球根一個分の間隔を空けて植えるようにして下さい。

ちなみにチューリップの球根には向きがあります。

膨らんでいる部分と平らな部分の横側に対して葉が伸びるので、ここを調節しておくとチューリップが咲いた時に歯が重なることが無いのです。

後は水をたっぷり与えて、日光を沢山浴びることができるようにしてあげれば、チューリップはどんどん成長していきます。

注意点としては、害虫としてアブラムシが付くことがあるという点です。

花にまだら模様が出た場合、それはウィルス感染した結果で治ることはありません。

その場合は、他の花に感染しないように抜いてしまうようにして下さい。

たまねぎの育て方

たまねぎの育て方

家庭で美味しいたまねぎを気軽に楽しめるように、たまねぎの育て方をしっかり勉強しましょう。

たまねぎは冷涼な気候を好む植物です。



その分耐寒性に優れているという特徴がありますが、寒冷地で越冬できるほど強い植物ではありません。

温度管理はたまねぎの育て方に限らず、どんな植物でも重要なことです。

たまねぎの生育温度は15から20℃ということは、常に頭の中に入れておくようにして下さい。

11月頃からたまねぎの苗を植え付けていき、年末頃に肥料を追加するというのが基本的な方針です。

しかしただ植えれば良いというわけではありません。

重粘の土で無い場合は、たまねぎの苗を植えた後で株元の土を踏み固めてあげる必要があります。

これを怠ってしまうと、いざ成長した時にくたっと倒れてしまうことがあるからです。

ちなみにたまねぎは乾燥に強いという性質もあるので、晴天続きで土が乾燥してしまわない限りは、水やりをする必要はありません。

逆に頻繁に水をやりすぎると、今度は立枯れしてしまうこともあるので注意して下さい。

春になると一気に成長していき、5月頃には収穫できるようになります。茎が倒れはじめるのが収穫サインです。

とてもシンプルですが、これがたまねぎの育て方の基本です。

これさえおさえておけば、よほどのことが無い限りは収穫まで持っていくことができます。
たまねぎ苗O・P黄1束100本

たまねぎ苗O・P黄1束100本

価格:650円(税込、送料別)

ソラマメの育て方

ソラマメの育て方


ソラマメの育て方をご紹介します。

ソラマメを植え付ける前に、土の準備をして下さい。

植え付けの1〜2週間ほど前から苦土石灰で中和させておき、その後堆肥と元肥をたっぷり入れて耕すようにして下さい。

種を植え付ける時は、それぞれの種の間隔は30〜40pほど空けて、2粒ずつ3pほどの深さに植えるようにしましょう。

種をまく時期は秋で、10月上旬から下旬が適しています。


ただし北海道などの寒冷地では、冬を越すのはむずかしいので、春にまいて低温にあてるようにしましょう。

発芽して本場が2〜3枚になったら、生育の悪い方を間引きします。

12月は越冬させるためにワラを敷くようにすると効果的です。

春になったら実をつけるための準備が始まるので、株元の芽は元気なものを残して詰んで下さい。

この時に肥料を与えておくと、大きなサヤになってくれます。

あとはサヤが膨らんで下向きになれば収穫することができます。

ソラマメの育て方で気をつけなければいけないポイントは以上です。

大まかではありますが、この流れを追いかけていれば、ソラマメの育て方で困ることはほとんど無いと思います。

ちなみに一度植えたらその場所には5年ほどマメ科の植物は植えられなくなるので、この点も忘れずに。

ソラマメ NEW【お徳用】一寸そら豆(673)

ソラマメ NEW【お徳用】一寸そら豆(673)

価格:315円(税込、送料別)

ゼラニウムの育て方

ゼラニウムの育て方

ゼラニウムには、花を観賞する通常種と、香りを楽しむセンテッドゼラニウムがあります。

しかしゼラニウムの育て方という意味では、どちらも大きな違いはありません。

ゼラニウムは生命力が強く、とても育てやすい植物です。

しかしゼラニウムの育て方の中にも、いくつか気をつけなければいけないことがあるので、覚えておくようにして下さい。

ゼラニウムは日当たりが良い場所を望みます。
その反面、長雨に当たると花枯れ病にかかってしまうので、雨が長く続くようなら気をつけて下さい。


通常は表土が乾いたら水をあげるという頻度で十分です。

肥料は液体肥料を2〜3週間に1度与えるだけで大丈夫です。

冬の時期になったら霜が付かないように気をつけて下さい。

同時に、冬は水をあげすぎないようにして下さい。

冬の間に花を咲かせようとするなら、10度以上の室温を保つようにして、半日以上直射日光に当てるようにします。

ゼラニウムはは2年に1回くらいの間隔で植え替えをしてあげると、よく育ってくれます。

3月頃に半分くらい切り戻して、植え替えてあげて下さい。

これらが、ゼラニウムの育て方で注意しなければいけない点です。

そんなにむずかしいものでは無いので、やり方さえ分かっていれば、誰でも気軽に育てることができます。

シャコバサボテンの育て方

シャコバサボテンの育て方

サボテンと言うと暑い気候の中で生きているというイメージがありますが、ジャコバサボテンは暑い夏の時期には弱ってしまうこともあります。

このように一面から見たイメージだけで決めつけると、シャコバサボテンの育て方を間違ってしまうことがあります。そうならないように、正しいシャコバサボテンの育て方を覚えましょう。

ジャコバサボテンは特に病気にかかることもなく、害虫の心配が無い植物です。このことから、初心者であっても育てやすいということがわかります。

ただし水のやりすぎには注意して下さい。

水をあげれば元気になるということは間違いありませんが、あまり水をあげすぎると今度は根腐れを起こしてしまいます。

できるだけ水はけの良い土を用意して、1〜2年に1回、春先に植え替えをするようにして下さい。

シャコバサボテンの育て方で注意しなければいけないのは、高温多湿が苦手であるという点です。

夏の直射日光を浴び続けると葉焼けを起こしてしまうので、明るい日陰に移すようにして下さい。


4月には、伸びすぎた茎先を2〜3節詰むと、新芽が多く出て株張りが良くなります。

8〜9月には、茎の先端から出る新芽を摘み取ってあげて下さい。

このように時期によってこまめに面倒を見てあげるのが、シャコバサボテンの育て方です。

シクラメンの育て方

シクラメンの育て方


元気で綺麗なシクラメンを育てるためには、いくつか注意しなければいけないことがあります。ここではシクラメンの育て方の要注意ポイントをまとめておくので、これからチャレンジしようと思っている人は参考にしてみて下さい。

シクラメンの育て方の前に、選び方からはじまります。

種の段階から育てるのはかなりむずかしいので、最初は鉢植えから育てると良いでしょう。株がよく閉まった元気のある、葉数が多いものを選ぶようにして下さい。

シクラメンの育て方で重要なのは育てる時期です。

花と言えば暖かい気候が良いと思いがちですが、シクラメンは涼しい〜寒いくらいの時期が最も適している花です。1


5〜20℃くらいが適温です。

日当たりが良いことが前提となっているのも忘れずに。

シクラメンは冬に強く夏に弱い植物です。

夏を越させるためには、与える水の量を少しずつ減らしていき、休眠状態にする必要があります。

水をあげる時は、底面給水法という方法を用います。

これは底に穴が空いた鉢からシクラメンの根を出して、鉢受けの皿に溜まった水を給水させるというものです。

直接水をあげる時は、真上からかけるのではなく鉢の縁から注ぐようにして下さい。

最後に花が枯れたらその部分は摘み取ることを忘れないで下さい。

そのままにしておくと新しい花が咲いてこなくなるからです。

以上がシクラメンの育て方で重要なポイントです。

サボテンの育て方

サボテンの育て方


サボテンについて調べてみると、想像以上に種類が多いことが分かります。

見た目にも面白いということもあり、サボテンを育てているという人は沢山います。

サボテンはあまり手をかけなくても元気に育ってくれるものが多いのですが、慣れないうちは失敗して枯らしてしまうこともあります。

サボテンの育て方をしっかり勉強しておきましょう。

サボテンの育て方で一番重要なのは、サボテンは過湿に弱いということです。

サボテンが乾燥に強いのは、みなさんもご存じだと思いますが、水を与えすぎると根腐れを起こして枯らしてしまいます。

サボテンの育て方を知らない素人が失敗するのは、ほとんどが水のやり過ぎによるものです。

水はけの良い土を用意して、できるだけ日の光を当てて上げるようにして下さい。

ただし乾燥に強いと言っても、全く水分を与えないのは問題です。

つい水を与えるのを忘れてしまうと、結果として枯らしてしまうことになります。
元気なサボテンに育てるためには、年に一度は植え替えをしてあげると良いでしょう。


春か秋頃に植え替えしてあげるようにすれば、丈夫に大きく育てることができます。

サボテンは病気にかかりにくく、あまり手がかからない観葉植物です。

しかし手がかからないということは、何もしなくても良いというわけではないので、そのことだけは覚えておくようにして下さい。

クリスマスローズの育て方

クリスマスローズの育て方
クリスマスの時期に白いバラのような花が咲く、クリスマスローズの育て方をご紹介します。

クリスマスローズは9月から10月くらいに、種子の殻が割れる前に播種します。

これより後に播種をすると、殻が割れて根が生えてしまいます。

そうすると種をまく時に根に傷が付いてしまい、病原菌が侵入する原因になってしまうので注意して下さい。

これはクリスマスローズの育て方でも一番重要なことです。

12pのポットに種まき用の土を入れて、水をまいて種子を植えていきます。

クリスマスローズの種子が発芽するまではとても時間がかかり、数ヶ月以上かかることもあるので注意して下さい。

ここまでの作業が面倒なら、苗を買ってきて植えた方が良いかもしれません。

クリスマスローズは寒さに強く、日本の気候でも十分に育てていくことができます。

しかし高温多湿の環境には弱いので、覚えておいてください。

日当たりの良い所よりも、直射日光が当たらない明るい場所に置くようにして下さい。

強い直射日光を浴び続けると、暑さのせいで生育が衰えてしまうことがあるからです。
乾燥には強いので、乾いたかなと思えるまで待ってから、たっぷりと水を与えるようにしましょう。


肥料は9〜4月の活動期にのみ与えて下さい。

クリスマスローズの育て方で一番むずかしいのは発芽の部分です。

ここを省いてしまえば簡単に育てることができるので、初心者は苗から育てた方が良いでしょう。

キンモクセイの育て方

キンモクセイの育て方
キンモクセイの育て方でいくつか注意しなければいけないポイントをご紹介します。

キンモクセイは鉢植えでも育てることができる植物ですが、大きく成長するので鉢植えで育てる場合は、8号以上の大型のものを用意するようにして下さい。

基本的に土壌を選ぶ植物ではないので、神経質になる必要はありませんが、成長が早いので肥料を水やりは絶やすことが無いようにして下さい。

キンモクセイの育て方で最初につまづくのがこの部分です。

肥料や日光が不足しているので、大きくなっても花が咲かずに終わってしまうということがあります。

過剰にあげすぎるのも問題有りですが、鉢植えだとすぐに栄養不足になってしまうので、気をつけるようにして下さい。

ちなみに大きく育って花が咲いた後は、屋内で育てた方が良いかもしれませんね。

元々大きなものなので、強い風が吹くと倒れてしまう危険があります。

鉢が固定できるなら大丈夫ですが、それができない場合は屋内に置いておいたほうが安全です。

キンモクセイの育て方はむずかしいものではありません。

常にその状態をチェックしてあげる必要はありますが、特別な技術が必要なものではないからです。

もちろん害虫には注意して下さい。



ほうっておくといつまでたっても花が咲かないということもあります。

カランコエの育て方

カランコエの育て方
カランコエの育て方は観葉植物の中でも簡単な部類に入ります。

素人でも簡単に育てることができるという点も、カランコエの人気が高い理由の一つです。

カランコエを育てる時には、水はけの良い土を用意して下さい。

また置き場所は、春秋は日当たりの良い屋外に置いて、夏は木陰に置くようにして下さい。

光が当たれば良いと思っている人も多いのですが、夜間も明るい照明がある場所では花芽ができなくなります。

冬場は霜にあてるとすぐに枯れてしまうので、冬は室内の明るい場所で育てるようにして下さい。

カランコエは丈夫な植物なので、乾燥に強いという性質があります。

ただし過失には弱いので、根腐れを起こさないように水の量に注意して下さい。

肥料もほとんど与えなくても良いので、カランコエの育て方は上記のことに気をつけておけば大丈夫です。

カランコエを増やす時はさし芽をします。

鹿沼土や赤玉土などのさし芽用土を用意すれば大丈夫です。



カランコエの育て方で注意するのは、短日植物であるという点だけです。

それ以外の点では気軽に育てることができるので、これから観葉植物を育ててみるという人にぴったりです。

もちろん簡単だからと言っても、あまり過信し過ぎることは禁物です。

ガジュマルの育て方

ガジュマルの育て方
ガジュマルはその不思議な姿から、幸福を宿す精霊が宿っているとも言われています。

どこか人のような姿をしている、ガジュマルの育て方についてご紹介します。

ガジュマルは5℃以上の温度なら大丈夫という耐寒性があるので、大抵の地域で育てることができます。

亜熱帯原産の木ですが、こういう部分があるので育て慣れていない人でも育てやすい木と言って良いでしょう。


本来は日当たりを好みますが、耐陰性があるので明るい室内に置いておくだけで大丈夫です。



ただし急に直射日光に当てると葉焼けを起こしてしまうので、室内から外に出す時は注意して下さい。

水は一般的な鉢物と同じく、表土が乾いたらたっぷりと与える方法で大丈夫です。肥料は4〜10月に1ヶ月に1回与える程度で十分です。

ガジュマルの育て方は、特にここを気をつけなければいけないというポイントが無いので、植物を育てた経験がある人なら、特に枯らすことなく育てられるはずです。

春から秋にかけての時期は、ハダニやカイガラムシが発生するので、乾燥しすぎないように注意して下さい。

霧吹きや湿った布で拭いてあげると、予防になるので覚えておいて下さい。

ガジュマルの育て方について注意しなければいけないことは以上です。



不思議な形が面白い植物なので、見ているだけでも楽しめます。

精霊云々はさすがにありませんが、それでも何か効果がありそうと期待してしまいますね。

カサブランカの育て方

カサブランカの育て方

カサブランカの育て方は、そんなにむずかしいものではありません。

カサブランカは育て方を間違わなければ、鉢で5年くらいは楽しむことができる植物です。

カサブランカは10月から11月に植え付けをします。

7号鉢に1球の球根を植えるのですが、深さは球根3個分くらいが適切です。

もしも庭に植える場合は、となりの球根との感覚は2個分以上空けるようにして下さい。

カサブランカを植える時は、強い日差しに気をつけて下さい。

午前中は日光が当たる程度の半日陰がぴったりです。

鉢植えで育てる場合は、夏のコンクリートからの熱に注意するようにしましょう。

水やりは表土が乾いたら与えるくらいで大丈夫です。

ただし夏場の開花期には、土が乾かないように気をつけて下さい。

ちなみにカサブランカは花が大きいので、開花したらそのまま倒れてしまうことがあります。

そうならないように支柱で支えてあげて下さい。

10月から11月にかけての時期が植え替えに適していますが、頻度は3年に1度くらいで大丈夫です。カサブランカの育て方で忘れていけないのは害虫の存在です。

ユリクビナガハムシやアブラムシは天敵なので、見かけたらすぐに駆除して下さい。

カサブランカは長い間楽しむことができる観葉植物です。

しっかり知識をつけて、元気に育ててあげて下さい。

カサブランカの球根・特大球 3球入'Casablanca'

カサブランカの球根・特大球 3球入'Casablanca'

価格:1,575円(税込、送料別)

オリーブの育て方

オリーブの育て方


オリーブオイルをとるために家庭でオリーブを育てているという人は居ないでしょうが、観賞用としてオリーブを育てている人は沢山居ます。

ではオリーブの育て方について、みなさんはどれだけご存じでしょうか。

やはり育てるからには、元気で見栄えの良いオリーブに育って欲しいものです。

オリーブの育て方についてしっかり勉強して、良いオリーブを育てられるようになりましょう。

オリーブは水はけの良い土を好みます。酸性ではなく、アルカリ性の用土を用意して下さい。

地植えで育てるならそのままにしておけば良いですが、鉢植えで育てる場合は植え替えが必要になることも覚えておいて下さい。

また鉢植えで育てる時には、土の表面が乾いた頃に水やりをするだけで十分です。

油断して真夏に乾燥させてしまうと、そのまま成長が止まってしまうことがあるから注意して下さい。

肥料を与える時は、春・夏・秋に有機肥料を与えてあげると良いでしょう。

この時土が酸性にならないように、年一回、石灰を与えてあげると良いでしょう。

後は根腐れを起こさない程度に水をしっかり与えてあげれば、しっかりとしたオリーブに成長してくれます。

しっかりしたオリーブの育て方をしてあげれば、オリーブはとても長生きしてくれます。

どれだけ長生きさせられるかチャレンジしてみるのも面白いですね。

アボカドの育て方

アボカドの育て方

アボカドの育て方はとても簡単です。

食べものとして買ってきたアボカドの種を植えるだけで芽が出てくるので、種を手に入れるのが簡単だという所も嬉しいですね。

アボカドの育て方を勉強して、観葉植物として楽しんでみましょう。

アボカドは熱帯の植物なので、買ってきた後で冷蔵庫に入れると、種から芽が出なくなってしまいます。

これはアボカドの育て方でも基本中の基本なので、忘れないようにして下さい。

手ごろなサイズの鉢を用意して、そこにアボカドの種を植えます。

この時とがった方を上にして、種の頭が少し土から出るようにして下さい。

土は園芸用で売っている土をそのまま利用すれば大丈夫です。

鉢にアボカドの種を植えた状態で、毎日水をあげてください。

この状態が一ヶ月ほど続くと、種が半分に割れます。

ここから芽が出てくるのでさらに待つようにしましょう。

ちなみに種から芽が出るまでは一ヶ月もかかりますが、一度芽が出てしまえばぐんぐん成長していきます。

気づいた時には青々とした葉っぱが付いていることでしょう。

ただ水だけ与えていれば、観葉植物として申し分無いサイズに育つはずです。

種が大きいから、栄養も沢山含まれているのかもしれませんね。

ちなみにアボカドは熱帯の植物なので、日本では実をつけることがありません。

こればかりは、アボカドの育て方を勉強してもどうしようも無い事なので、観葉植物と割り切って育てるようにしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。